日本の音楽アーティストの新たなる挑戦、アイリッシュ音楽

日本の音楽アーティストたちが提供してくれている音楽のジャンルは豊富にありますが、中でもとくに注目したいのが、アイリッシュテイストを織り交ぜた新しい雰囲気を放つ楽曲の数々です。

マンドリンやバンジョー、フィドルなどのアイリッシュ音楽に欠かせない楽器の音色で、日本人ならではのメロディーにアイリッシュの要素も入れながら作り上げられる楽曲は、どこか懐かしいようなあたたかな響きで私たちを感動させてくれます。

そもそもアイリッシュ音楽とはアイルランドに住む人々またはそれ以外の国に住むアイルランド系の人々が、アイルランド音楽がと認識して作るもしくは演奏する音楽のことをさしますが、その楽曲のすばらしさから日本でもそのテイストを取り入れた全く新しい響きを持つサウンドが誕生しています。ミュージカルでも耳にする機会が増えたので、日本人にも受け入れられやすくなっているのもその理由の一つと言えるでしょう。日本の音楽アーティストたちが更なる音楽の充実をはかるために挑戦しているものの一つとして、アイリッシュテイストの音楽は見逃すわけにはいきません。

とくに日本のバンドのいくつかは、アイリッシュテイストを数年前から積極的に取り入れ、歌にしてきています。キャッチ―な歌詞をのせることで人々の耳に響きやすくする工夫をしながら、今まで日本で作られてきた音楽とは一味も二味も違った音楽を届けてくれているのです。

アイリッシュテイストの楽曲は聞いたものが即興で踊れるくらいにノリの良いメロディーなので、今時のダンスが好きな子どもたちにも受け入れられやすいと考えられます。ただノリが良いのではなく、その中に昔ながらの素朴な響きが込められているからこそ、どこか懐かしい思い出に浸れる深い音楽に仕上がるのです。

ロックやポップスとはまた違った魅力を持ったアイリッシュテイストを取り入れた楽曲を世に送り出している音楽アーティストには、これからさらに期待したいものです。