音楽アーティストが求める技術的なスタイル

王道のプログレッシブロックは様々な音楽スタイルを融合し、音楽アーティストの視野の広さを多くの人に認めさせます。優れたアーティストであればひとつの断片からいろいろな形の音楽的な掌編を作成し、寄せ集めではない完璧なひとつの作品を作り上げることができます。テクノロジーの発達した現在では録音技術も高度になり、一人で何通りもの楽器を演奏してイメージ通りの音楽を作れます。


機材を駆使することで楽器演奏の幅が広がり、一人で壮大な音の世界の構築もできるようになります。ひらめいたモチーフを再現しやすいのがプログレッシブロックの特徴で、コード進行やテーマに見いだされる意味が長い即興においても、聴く人を惹きつけてはなすことはありません。音楽アーティストが持つ才能は音楽の核となる部分を十分な素材で固め、演奏するたびに様々な変化に対応させることができます。


長い即興に対応できる演奏はテクニックに裏打ちされたセンスの高さです。特にキーボード奏者の演奏は理論に強いバックボーンがあることで演奏の幅が広く、流れるようなフレーズを聴くことができます。音楽的視野の広さは多様なリズム感を醸成させ、起伏のあるアレンジを作り上げます。プログレッシブロックは変拍子を多用する音楽で、ドラマーにも複雑な変化に対応できるアーティストがたくさんいます。


複雑なリズムはのりが悪くなる場合もありますが、曲に重圧な個性を与えることが可能で、ポップな感じが消えることでより知性あふれるフレーズの流れを作ることができます。プログレッシブロックのスタイルにはどの楽器でもメインの存在になれる演奏を作り上げることができ、アドリブの中でソロを交互に演奏することで曲に緊張感が生まれます。


ひとつの曲のアレンジの中でコードやメロディーが複雑に絡み合う演奏がこのジャンルの構成美を生み、曲の中にあらゆる技法を盛り込むことができます。音楽アーティストが技術的な試みを行う実験的な演奏の中にも、プログレッシブロックの新たな展開につながります。